×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

演奏会アンケートのお返事

Ensemble Castorの演奏会では、ご来場いただいた方々にアンケートをお願いしています。 このアンケートは、演奏者の励みになり、次の演奏会の運営に大変参考になっています。 しかし、私たちもご来場いただいたみなさまともう少しコミュニケーションをとりたい!と考え、 アンケートでいただいた疑問・質問や感想に、一部ではありますがお返事していきたいと思います。 このアンケートを通じて、ご来場いただいたみなさまと少しでも交流ができれば幸いです。

Ensemble Castor 3nd Concert (2015/11/22 Sun.@小金井宮地楽器ホール)

近くで楽器(しかも演奏会だと木管は特に遠いので)をきいたことがなかったのですが、今日は近くできけてとてもよかったです。ステージは高くなっていたほうが後ろの人も見やすく聴きやすくていいと思います。

A:演奏会に来てくださるみなさんに近い位置でいろいろな気持ちを共有できるよう、客席と舞台に差がない場所をできるだけ選んでおりましたので、ご感想嬉しく思います(^^)。一方で、おっしゃるとおり後ろの方々への配慮が不足しておりました。次回は、後ろの方でも見やすいように椅子の間を少しあけたり、演奏会場を選定するときに舞台の高さも考慮してみたいと思います!

舞台袖の話し声がけっこう聞えていました。演奏中のカメラシャッター音が気になった。サイレントで撮ってはいかがでしょうか。演奏中の客席照明、もう少し明るいとプログラムで曲名や解説を確かめたりできて良いのに、と私は思ます。

A:ご不快なお気持ちにさせてしまい、大変失礼いたしました。次回の演奏会場は今回と同じ場所ですので、十分に気をつけたいと思います。

木管のみ演奏会は始めてでした。最後の曲のようなのをもっとききたかったです。管の室内楽は余り聴かないでピアノ・管弦楽の編曲ものを入れてもいいと思う。

A:最後の曲は、大編成の木管アンサンブルのためにEnsemble Castorでオリジナル編曲したもので した。次回の演奏会もオリジナル編曲の大編成木管アンサンブルがありますし、曲はオーケストラやピアノで演奏される超有名曲です。是非お越しください!

聴く側も3回目となると「妙な緊張感」が無くなってリラックスして聴けました (笑) これからも楽しんで下さい。楽しさが伝わると楽しくなります。

A:毎回お越しくださり、ありがとうございます!皆さんに楽しんでいただけるよう、私たちも楽しみながら練習・演奏していきたいと思います!!

Ensemble Castor 2nd Concert (2014/11/23 Sun.@新宿文化センター)

○楽器の紹介等はしないのでしょうか?

A:木管楽器があまり身近ではない方でも楽しめるよう、楽器紹介をする時間も設けるような演奏会も検討してみたいと思います!

○アンコールを期待している方が多かったように思います。

A:曲目や時間の関係で今回のアンコールはありませんでした。ただ、他にもアンコールを期待していたという声を多く頂いているため、次回の演奏会ではアンコールを演奏も検討しています。

○選曲も大変になりますが、入場料を取っても良いのではと思います。

A:私たちの演奏で入場料を取ってもよい演奏会だと感じていただけたとしたら大変光栄です(^^)
 アンサンブル・カストールでは、できるだけ多くの方に「木管アンサンブルの楽しさ」を心から味わっていただきたいという思いから入場無料としております。 もちろんまだまだ未熟な演奏でお金を頂くのは心苦しいという面もありますが、入場料の有無に関わらず、ご来場いただいた方々に楽しんでいただける演奏会を目指して活動しています。

○演奏者相互のアイコンタクトが興味深かった。

A:今回、お互いの息や音色を合わせるために、練習の時からお互いの顔を見ることを常に意識していました。お気づきいただき光栄です。

Ensemble Castor 1st Concert (2013/12/01 Sun.@府中グリーンプラザ けやきホール)

○今後もぜひ定期的に開催していただきたい演奏会だと思います。楽器の楽しさ、演奏者の“顔”を味わえる貴重な演奏会ですね。

A:引き続き、感動できる音楽と、楽しく演奏している姿をみなさまにお届けできるよう演奏会を重ねていきたいです!

○演奏会のプログラムに入ることが少ないめずらしい曲や編曲がきけて良かったです。

A:言われてみると、普通のオーケストラでは聴くことができない曲を多く取り上げた気がします。そのような視点も大事ですね!

○パンフレットデザインはよかったけど、解説の地の色が読みにくかった。

A:配色をデザイン重視にしてしまったことと、演奏会場の客席の照明は盲点でした。次回以降、そのあたりも気を付けたいと思います!
(追記)第2回演奏会では、デザインと文字の読みやすさを両立させるべく明るい配色にしてみました!

○今まで2つくらいのグループの演奏会で、最後に全員合奏があって、しめとしては大変良かったので、やってみられては、いかがでしょうか。

A:全体合奏は曲がないことと全員の都合を合わせることが難しく・・・。演奏会が軌道に乗ったら是非検討してみたいと思います。

○駅からすぐのホールでの演奏会なので、この会場がもっと席が埋まるくらいにがんばってください。

A:第1回とはいえ、もっとたくさんの方に聴いてもらいたいと思いますので、広報にも工夫が必要ですね!

○もっと演奏者が楽しんで演奏している…というのが客席に伝えられるといいなと思いました。もう少し(見た目等)遊んでもいいかもしれません。

A:緊張が伝わってしまったでしょうか・・・。うまく緊張をコントロールできるようになりたいです。見た目等というと被り物とか衣装とかパフォーマンスとかでしょうか!?・・・チャレンジしてみても面白そうですね!